インプラント概論

No.20厚くコーティングされたHAインプラントと薄くコーティングされたHAインプラントはどう違うの?

ミューワンインプラント

▲当医院でも使用しているインプラントの1つ μ-oneインプラント (国産メーカー 山八歯材工業製)

チタンの表面にハイドロキシアパタイト(HA)をコーティングしたものをHAコーティングインプラントといいます。
HAインプラントは骨と早く結合する利点がありますが、コーティングされたHAがはがれると、インプラント周囲炎になる欠点があります。
コーティングされたHAが厚い場合、はがれやすくなるので、HAを薄くコーティングする技術が開発されてきました。

厚くコーティングされたHAインプラントが悪いと勘違いしないでください。条件が悪い部位には威力を発揮するたいへん頼りになるインプラントです。岸本歯科医院では、骨の条件が悪い部位には厚いHAコーティングインプラントを使います。骨の条件が良い部位には薄くコーティングされたHAインプラントを使っています。インプラントの使い分けが重要です。
(2014年11月20日)

intro-to-implant-21

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 shinjyuku Kishimoto-dc

関連記事

院長のインプラント概論

ページ上部へ戻る