インプラント概論

No.36安易なフラップレス手術は行ってはならない

最近フラップレス手術を希望する患者さんが増えてきました。
フラップレス手術は歯肉を切開しないので、次のような利点があります。

・術後に腫れることが少ない
・術後の痛みが少ない
・出血が少ない
・治療期間が短い
・隣の歯の歯肉が退縮しない

インプラントは骨の中に完全に埋入することが必要です。
しかしフラップレス手術は、歯肉を切開しないため骨の状態を確認することができません。
したがって、安易にフラップレスでインプラント埋入を行なうと、インプラントが完全には骨のなかに入らない場合があります。
術後のトラブルになるのです。
フラップレス埋入は条件がよい限られた症例のみに行うべきです。

・十分な骨幅があること。

・十分な付着歯肉があること。

・術者に十分な経験があること。

・予想外の骨の状態の場合、通常の歯肉切開手術に切り替えることを想定すること。

岸本歯科では骨の状態が悪い場合、必ずCTを撮影しています。
しかし、いざ手術がはじまるとCTの読影結果と実際の骨の形態が一致しないことがあります。
CTを撮影していても、歯肉を切開してみないとわからないのです。
このような症例にフラップレス手術は行ってはいけません。
3Dプリンターで顎の模型を作製することが一般化すれば、ある程度は解決すると思いますが、現段階では一般化していません。
条件がよい場合のみフラップレス手術を行うべきです。

(2017年6月12日)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 shinjyuku Kishimoto-dc

関連記事

院長のインプラント概論

ページ上部へ戻る