インプラント概論

No.37スズキ・ダイハツの軽自動車とベンツ・BMW

岸本歯科医院では日本製のHAコーティングインプラントを使っています。
どこのメーカーであっても、歯科医師が自分の信念で、患者さんのために一番良いインプラントの選択であると考えるならばそれでよいと思います。
ヨーロッパ製は一流だからインプラントの治療結果が良いとか、アジア製は結果が良くないと考えるのは間違っていると思います。
私はチタンインプラントを使っている先生方に日本製HAコーティングインプラントはいいですよとお話しすることがあります。
しかし、ほとんどの先生が関心を示さないのです。
スルーです。
このことを同僚のHAコーティングインプラントを使っている先生にお話ししたことがあります。
すると面白い答えが返ってきました。
「岸本君、メルセデスベンツやBMWに乗っているひとに、スズキやダイハツの軽自動車はよいですよと勧めても聞く耳をもたないだろう。それと同じなんだよ。」
私はズバリ100点満点の答えをもらった気がしました。

日本口腔インプラント学会は会員数1万4000人以上の歯科界最大の権威ある学会です。
一方、日本先進インプラント医療学会は日本製HAコーティングインプラントを使用している歯科医師が中心となっている小さな学会です。
したがって、チタンインプラントを使用している歯科医師はほとんど日本先進インプラント医療学会に参加しません。しかし、学会ですからどんなインプラントを使用していても参加することは自由です。
数年前、日本先進インプラント医療学会での出来事です。
日本先進インプラント医療学会のシンポジウムで、ある先生から質問がありました。
「自分はチタンインプラントしか使用したことがありません。しかしシンポジウムを聞いているとチタンインプラントでは考えられない治療効果です。本当でしょうか。もしそうならば、HAインプラントを勉強してみたい。」
主に上顎に骨移植なしにソケットリフトやサイナスリフトでインプラント埋入する話題でした。
この先生がその後HAインプラントを使用しているかはわかりません。
スズキやダイハツの軽自動車もたいへんよい自動車だと思います。

 (2017年6月15日)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 shinjyuku Kishimoto-dc

関連記事

院長のインプラント概論

ページ上部へ戻る