インプラント概論

ドクターX大門未知子のオペ用拡大鏡

ドクターX 大門未知子に腕では全くかないませんが、大門未知子に負けない点があります。
それは手術中に使用している拡大鏡です。
サージテルというメーカーです。

岸本歯科でもいくつかサージテルを使っています。

大門未知子のSurgiTelの拡大率と、岸本歯科で使っているSurgiTelの拡大率は岸本歯科の方が高倍率です。
大門未知子の拡大鏡と岸本歯科の拡大鏡を写真で比べてみてください。
【大門未知子の拡大鏡】
↓ ↓ ↓



【岸本歯科医院の拡大鏡】
岸本歯科の拡大鏡が長いのがわかります。

サージテル拡大鏡

岸本歯科医院のサージテル拡大鏡。LEDのライトも付いています。

それだけ高倍率なのです。
サージテル
すべての治療に拡大鏡をかけっぱなしです。

精度のいい治療にはオペ用のルーペは必需品です。
腕では大門未知子の足元に遠くおよびません。
でも、失敗しない治療には拡大鏡が重要です。

(2017年11月30日)

TV朝日系放映「ドクターX」

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 shinjyuku Kishimoto-dc

関連記事

院長のインプラント概論

ページ上部へ戻る