インプラント概論

インプラント治療は痛いのか?腫れるのか?

インプラント治療は痛いのか?腫れるのか?

どんな患者さんでも、インプラントを植え込むのは怖いものです。
みなさん同様に、痛いですか?と聞いてきます。
今回はインプラント体の植え込み手術中と術後の痛みについて、説明します。
 

  • 植え込み手術中の痛み

簡単なインプラント治療であれば、ほとんど痛みません。
ただ、ドリルで穴を開けていきますので、響く感覚はあります。
私たち歯科医は毎日のように局所麻酔を使用して、歯を削る治療を行っています。
特に、下あごの奥歯で痛みが強く出てしまった歯の神経をとらなくてはならない場合、局所麻酔が効きづらいことがあります。
このような時のほうがよっぽど痛いです。
インプラント治療が難しくて時間がかかるような場合、痛いことがあります。
もちろん、痛みを緩和するために麻酔を追加します。
岸本歯科では行いませんが、骨移植をするために、骨を採取する場合も痛みがでることがあります。

 

  • 術後の痛み

簡単なインプラント治療であれば、痛みは軽微です。
もちろん、痛みがゼロということはありません。
痛み止めを使わなくても過ごせるという程度です。
インプラントの本数が多くなれば、術後の痛みもふえます。
骨移植をすれば、痛みが出ることは避けられないでしょう。
もちろん、移植の大きさにもよります。
意外ですが、骨移植なしソケットリフト法では、痛みは少ないかたが多いです。
痛みのコントロールとして、鎮痛剤を飲んでもらいます。
胃をあらすことがありますので、なるべく痛い時だけ飲んでもらうことが多いです。
痛みがほとんどない方は、手術当日の夜寝る前に、心配だから飲んで寝ましたとおっしゃるかたが多いです。
痛みが強く出た場合、1週間程度、鎮痛剤を使うことがあります。

 

  • 腫れについて

簡単なインプラント治療であれば、ほとんど腫れません。
少し腫れぼったい気がする程度です。
本数が増えてくれば、腫れがおこります。
骨移植をすれば、必ず腫れると考えたほうがよいでしょう。
骨移植なしソケットリフト法では腫れる量は少ないです。

 

どんな方でも、インプラント治療は不安です。
私は良く患者さんに親知らずの抜歯と比較して説明します。

会社の同僚に一人ぐらいは、骨にもぐった親知らずを抜いたひとはいるでしょう。
痛くて、腫れて、2週間ぐらい辛いおもいをします。
食事もとれません。
そんな親知らずの抜歯のほうがインプラント治療に比べて100倍ぐらい辛いですと説明します。

骨移植を回避したインプラント治療の場合と考えてください。

 (2018年10月11日)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 shinjyuku Kishimoto-dc

関連記事

院長のインプラント概論

ページ上部へ戻る