ショートインプラント

  1. ソケットリフトに短いインプラントは有効か

    どんな場所でも長くて太いインプラントが理想です。しかし、理想的ではない条件の部位にインプラント埋入をしなければならないことがあります。上顎大臼歯部の場合、上顎洞があるため垂直的骨幅が足りないことがあります。

  2. No.40細くて短いインプラント

    どんな部位でも太くて長いインプラントが埋入できれば理想的です。 でも、そのような条件がいい場合が少ないことが現実です。 骨造成することが解決することになりますが、痛いし腫れるし期間は長くなるし、成功するかどうかもわかりません。

  3. No.38下顎奥歯の骨が足りない場合―垂直的骨幅が小さい場合―

    下あご奥歯の骨が足りない場合―垂直的骨幅が小さい場合―下あご奥歯の垂直的骨幅が小さい場合が最もやっかいです。なぜなら下あご奥歯の根元付近には下歯槽神経があり、インプラントを深く入れようとすると神経を傷つける可能性があるのです。

  4. No.10時代はショートインプラントなのだろうか?

    インプラント治療を手がけている歯科医にとって、植立に使用するインプラントのサイズに迷いが生じる場合があります。できるだけ長く、できるだけ太いインプラントを使ったほうがいいのではないかと考えるからです。

ページ上部へ戻る