下顎奥歯のインプラント

  1. ドクターX大門未知子の覚醒下手術による脳腫瘍切除術に大感動―医療事故を起こさないために

    ドクターX大門未知子が行った覚醒下手術は、頭部を切開して脳を刺激しながら患者に手を動かしてもらい、動きに問題がないことを確認して腫瘍の切除範囲を決めるものでした。

  2. No.39奥歯の骨の幅が水平的に細い場合

    奥歯の骨の幅が水平的に細い場合上顎の前歯にくらべてケースは少ないですが、奥歯の骨が細いときがあります。一般的には骨移植で骨を太くしてからインプラント埋入することになります。もちろん大変です。痛いし、腫れるし、期間も長いし、費用もかかります。うまくいかないこともあります。

  3. No.38下顎奥歯の骨が足りない場合―垂直的骨幅が小さい場合―

    下あご奥歯の骨が足りない場合―垂直的骨幅が小さい場合―下あご奥歯の垂直的骨幅が小さい場合が最もやっかいです。なぜなら下あご奥歯の根元付近には下歯槽神経があり、インプラントを深く入れようとすると神経を傷つける可能性があるのです。

ページ上部へ戻る