骨が薄い場合のインプラント

  1. No.20厚くコーティングされたHAインプラントと薄くコーティングされたHAインプラントはどう違うの?

    チタンの表面にハイドロキシアパタイト(HA)をコーティングしたものをHAコーティングインプラントといいます。HAインプラントは骨と早く結合する利点がありますが、コーティングされたHAがはがれると、インプラント周囲炎になる欠点があります。

  2. No.12腫れや痛みの少ないインプラントとは?

    腫れや痛みが少ないとはどういう処置だろうか?骨が充分にあり、歯肉の状態が良好であれば、インプラント治療はそんなに難しいものではありませんし、ほとんど腫れや痛みがなく行えます。問題は骨が足りない場合です。骨移植が解決策ですが、なかなかやっかいなものです。骨をとってくる側にも傷をつくります。

  3. No.7当院のメインテーマは骨移植をしないソケットリフト法と骨が薄くなった上顎前歯部のridge expansion法・・・

    今回は骨移植をしないソケットリフト法について述べます。上顎奥歯にインプラントを植立する場合、注意すべきことがあります。インプラント植立部位に上顎洞という空洞が近接している場合が少なくありません。蓄膿症という病気がありますが、上顎洞に膿がたまったことをいいます。

ページ上部へ戻る