インプラント治療症例|骨移植無しでのソケットリフト法の例2

実際に岸本歯科医院で行なった骨移植無しの症例について紹介してみます。
パントモレントゲン(パントモ写真1)
骨移植無しインプラント写真
で左右の上奥歯の骨が足りなくて、インプラント治療が困難であることがわかります。
一般的には、骨移植を行なって骨造成をしてからインプラント埋入をします。
骨移植をするために、他の部位にメスを入れて骨を取ってくるか、人工骨を使うのです。

今回はそのような侵襲が大きいことはしませんでした。
骨移植をしないソケットリフト法を採用しました。
使用したインプラントは日本製のハイドロキシアパタイトコーティングインプラントです。
噛めるようになるまでの期間は3~4カ月でした(パントモ写真2)。

インプラント噛めるようになるまで

(パントモ写真2)岸本歯科医院で骨移植を行わず、低侵襲なソケットリフト法でインプラントを植立した例。噛めるようになるまでの期間は3~4か月でした。

 

CTで骨が再生されたことが確認されます(CT1,CT2)。

インプラント写真CT

上の写真(CT1)インプラントを植立するにあたって十分な骨量がありませんでしたが、日本製ハイドロキシアパタイトコーティングのインプラントが骨移植を行わず、体に負担の少ない低侵襲なソケットリフト法でのインプラントを植立を可能にしました。

 

新宿岸本歯科医院インプラントCT写真

(2)上の写真(CT2)きちんとインプラントの外周に骨が出来ているのがわかります。インプラント治療後わずか3カ月~4か月で噛めるようになりました。

ページ上部へ戻る