新宿・新宿御苑の歯医者なら岸本歯科医院

新宿休日診療

新宿の岸本歯科医院は、保険診療を中心に虫歯、抜歯、差し歯、根の治療などの一般歯科、自費治療では審美セラミック、歯周病、全ての治療において拡大鏡を使用した精密、高度、丁寧な低侵襲治療を行っております。

歯科治療を成功に導くには、口腔外科、審美、医療の幅広い知識と技術が必要です。

これは親知らずの抜歯やインプラントやセラミック治療でも同様です。

ただ単に痛みを取り除くだけでは絶対に上手くいきません。

岸本歯科ではデジタルレントゲンや場合によってはCT撮影を事前に行い、診断を入念に行います。
根管治療などは丁寧かつ精密に行わなければ短い期間で痛みを再発する可能性も出てくるので、当院では拡大鏡を使用し丁寧な治療を行う事をモットーとしております。

また、歯周病や虫歯などについてもしっかり診断と処置を行います。
その後は歯周病ケアなど口腔管理が大変重要です。
しっかりプラークコントロールを行い、残った歯をきちんと守り、清潔な口腔内を維持して行きましょう。

当院は虫歯など全ての治療を最初から最後まで必ず院長が責任持って行う歯医者さんです。

新宿で土日祝診療

当院は新宿で土曜日、日曜日、祝日も診療している歯医者さんです。
当院は不定休で、スケジュール診療を行なっています。

新宿近辺にお住いの方で、急な歯の痛み、被せ物が外れた、お仕事やお休みの都合でなかなか歯医者さんに通えない方も安心して通うことができます。

完全予約制とさせていただいておりますが初診、急患、随時受付しております。

お待たせする場合がありますので必ずお電話にてご予約ください。


ご来院の方は毎月の休診日カレンダー、もしくはお知らせでご確認ください。
※スマートフォンでご覧いただいている場合はページ下部。
PCでご覧いただいている方はページ右側の休診日カレンダーをご確認ください。

岸本歯科全ての治療

当院では、虫歯や歯根、セラミック、インプラントなどのすべての治療において、私、岸本幸康が患者さんお一人お一人と真剣に向き合い、作業的ではなく、心の通った「口腔内一貫治療」を行っています。

新宿専門医岸本歯科
こんにちは。院長の岸本幸康です。
当院の治療は若いドクターや歯科衛生士に任せることは一切ありませんのでご安心ください。
最初から最後まで院長の私が責任を持って治療を行います。
岸本歯科 院長紹介のページ
「日本口腔インプラント学会」「日本顎顔面インプラント学会」「日本先進インプラント学会」に可能な限り出席し、様々な歯科関連の講習会に参加して、常に最新の情報を取り入れています。
このような、歯科知識や技術に対する投資が最も重要だと考えており、
虫歯、抜歯、インプラント、セラミックなど全ての治療において高いレベルで安定させることができると思っております。
学会専門医や学会指導医をお探しの方、新宿で歯のお悩みをお持ちの方、歯の不安などございましたら何でもご相談ください。

学会での発表・論文を発表した記録の一覧です。

インプラント学会発表 インプラント治療論文発表

院長のインプラント活動の記録

院長がインプラントでの学会や講演会などの活動の記録ページです。
インプラント活動の記録

新宿歯科相談

当医院で治療を検討されている方、痛みや腫れの少ない親知らずの抜歯をお考えの方、インプラントに関する心配事、セラミックに関すること、ご質問のある方は、メール治療相談をぜひご利用ください。

「私の状況でも治療は大丈夫ですか?」「どれくらいの費用が掛かりますか?」「骨造成、骨移植しないメリットは?」「どれくらいの期間でしょうか?」などのご質問は36時間以内にご返信いたします。

新宿駅近辺、新宿御苑駅近辺で歯医者さんをお探しの方、どこで治療をするか迷っていらっしゃる患者さん、当院で治療をお考えの患者さん、腫れや痛みの少ない抜歯やインプラントを検討されている方は「Dr.岸本の治療の考え方」をご覧になっていただくと当院の考え方や治療方針がお分かりになるかと思います。

新宿歯科精密治療

【新宿の岸本歯科医院の一般歯科治療のポイント】

正確精密で常に質(精度とレベル)を高い次元で安定させるためには拡大鏡の使用は必要不可欠だと考えています。
肉眼での治療と拡大鏡を使用して治療を行うのとでは絶対視野が異なるので、結果にも差が出てくると考えます。
当院では根管治療や虫歯などの保険治療においても3倍、5倍、8倍の3種類の拡大鏡を用途に合わせて使用して細部までの精密治療を行なっています。
安心、安全、正確な治療を行うには拡大鏡はとても重要です。
拡大鏡は「サージテル社」の物を使用しております。


どの歯科で治療

【虫歯や抜歯などの治療の際に歯医者さんを選ぶポイント】

「急に歯が痛くなった」、「歯の根っこが割れた」とか、「親知らずの抜歯が必要な方」はどのような歯医者さんを選べば良いのでしょうか?
皆さんは痛いのが苦手なのは当然の事と思いますので、なるべく痛くない治療をしてくれる歯医者さんを探したい!と普通に考えるはずです。

患者さんは「痛くなってから歯医者さんに」という方が多いかもしれませんが、既に痛い状態で治療にお越しになられた場合には術後に腫れや痛みが出る確率はちょっと高くなります。

歯科では良く「低侵襲」や「侵襲性の高い」という表現をします。
切開する範囲が広ければ侵襲性は高くなり、痛みや腫れが出る確率が高くなります。
低侵襲はその逆で、全く腫れないとは言いませんが、腫れや痛みが極めて少ない治療の事を言います。

インプラントを多く経験している口腔外科出身の先生などが治療を行う場合には、通常の抜歯はもちろん、難抜歯や縫合などは慣れているので腫れや痛みを抑える確率が高いと言えるかもしれません。※あまりの難抜歯の場合は提携病院に紹介状を書く場合もあります。

親知らずの抜歯はちょっとした手術みたいなものです。
よって、口腔外科治療の経験が豊富な歯医者さんを選ぶ事をお勧めします。
その他にも歯科医院の選び方はありますので「No.33よい先生に巡り合うには?」
などの記事をご参照ください。
当院はインプラントにおいても「骨造成や骨移植を行わない治療」を採用し、拡大鏡を使用した正確精密治療」を行っていますので、患者さんの体に負担の少ない侵襲性の少ない治療を行うことができます。

新宿岸本治療選択肢

当院では極力患者さんご自身の歯を残す治療を行います。
もちろん自分の歯が残せる状態であれば根管治療などを行い、極力その歯を残します。
岸本歯科当院で行われる根管治療について
人間の歯は一度削ったりすると再生する事ができません。
IPSや培養などの再生治療が現場で実用化するのはまだまだ先で、現在の歯科治療では歯は元どおりにならないのです。
ですので患者さんの歯根が十分に使える状態であれば、その歯を生かしてメタルコアやファイバーコアで土台を作り治療を行います。
メタルコア1 ファイバーコア1
被せ物はオールセラミックやジルコニアなどの素材を使用しております。
当院では細部まで正確な治療を行うため「拡大鏡」を使用して行います。

岸本歯科「メタルコア・ファイバーコアとは?(製作中)」のページ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018 shinjyuku Kishimoto-dc
ページ上部へ戻る