精密・正確な治療へのこだわり

岸本歯科医院では、全ての治療において「拡大鏡」を使用し、正確、精密な治療を行っております。

Minolta DSC

サージテルの拡大鏡 3倍、5倍、8倍の拡大鏡を治療により使い分けて使用しております。

 

拡大鏡は、医科専用テレスコープとも言われ、歯科治療においてもここ最近はこの拡大鏡を使用する歯科医院も増えてきました。
岸本歯科医院ではかなり早い時期からこの拡大鏡を使用しており、治療の用途に分けて3倍、5倍、8倍とを上手に使い分けて治療しております。
全ての治療に活躍している設備の一つです。
肉眼で治療すると、どうしても見えない部分があります。
正直に言うと、いくら技術や知識があっても、見えていなければ勘に頼って治療することになってしまいます。
歯科医師も当然歳をとりますので、視力はどうしても低下していきます。
しかも毎日目を酷使する仕事ですので目は悪くなりますし、老眼にもなります。
人間の裸眼では、0.1mm以下になると見落としも出てきます。
しかし、この拡大鏡ではハッキリと見ることができるので「見落とし」がありません。

おそらくこの拡大鏡を使った歯科医師ならば分かると思うのですが、一度使えば拡大鏡無しでの治療は「怖い」はずです。
なぜならば「見えないから」です。

一般的な歯科治療、審美歯科、そしてインプラント治療には、あらゆる場面において、数十μm以下が見えている必要があると考えています。

そのような理由から、岸本歯科医院では精密正確な治療を行うために、すべての治療で拡大鏡を使用しております。

赤は休診日です

院長のインプラント概論

ページ上部へ戻る