kishimotoshika1000の記事一覧

  1. No.52虫歯治療を途中でやめてはいけない

     歯が痛いとき、歯科医院を受診するのは当然です。虫歯で歯が痛い時、ほとんどの場合、残念ながら神経をとらなければなりません。神経をとるということは、歯を大きく削って、象牙質まで露出することになります。

  2. No.51今を生きたい

    長年歯科医師をやっていると、いろんな患者さんとの出会いがあります。岸本歯科は歯を削ることはあまりしないようにしています。審美目的のみで前歯を削ることはできるだけ行わないようにしています。削らなかった場合とくらべ、明らかに将来、歯を失う可能性が高くなるからです。

  3. No.50最後は人です

    最後は人です私は他の歯科医院がどのように治療を行なっているか、ホームページを見ることがあります。どの歯科医院も自院の特色を出すため、いろいろ工夫をしているのが分かります。

  4. No.49HAコーティングインプラントだからできる治療

    HAコーティングインプラントだからできる治療HAコーティングインプラントは賛成派と否定派にはっきりと意見がわかれます。 賛成派はHAコーティングインプラントは骨とよくくっつくと主張します。 否定派はインプラント周囲炎になりやすいといいます。私はどちらも正しいと思います。

  5. No.4850年後の介護を考えたインプラント治療を議論しませんか?

    50年後の介護を考えたインプラント治療を議論しませんか?超高齢化社会を迎え、歯科インプラントの世界もその対応を迫られています。現在の考えは2回法インプラントを埋入して、ネジ式の上部構造をかぶせることを推奨しています。

  6. No.47高濃度フッ素処方―フッ素は歯を強くする

    フッ素が虫歯予防に有効であることは広く知られています。歯垢の細菌の活動を抑え、酸が作られるのを抑制する、歯質を強化するなど、ムシ歯の発生・進行を防ぐ作用があります。

  7. No.46デンタルフロスを使おう

    デンタルフロスを使おうFloss or Die フロスを使いますか。それとも死を選びますか?これは1997年にアメリカ歯周病学会(AAP)が発表した歯周病予防キャンペーンのスローガンです。すごい表現の広告です。

  8. No.45いつ歯をみがいたらいいのだろう?

    いつ歯をみがいたらいいのだろう。食後3回3分以内に3分間歯を磨きましょう!とよく言われていました。 基本的にはそれでいいと思いますが、最近、几帳面な方で、特に女性の患者さんの中で「歯がしみてしょうがない」と訴えるかたが増えてきました。

  9. No.44ジェネリック医薬品は使いません(インプラント治療では)

    厚生労働省は医療費抑制のため、ジェネリック医薬品に誘導したいようです。限られた医療財源なので仕方がないことだと思いますが、先発品とジェネリック医薬品が全く同等であると言い切れないように思います。

  10. No.43ソケットリフトに短いインプラントは有効か

    どんな場所でも長くて太いインプラントが理想です。しかし、理想的ではない条件の部位にインプラント埋入をしなければならないことがあります。上顎大臼歯部の場合、上顎洞があるため垂直的骨幅が足りないことがあります。

ページ上部へ戻る