インプラント概論

インプラント周囲はワンタフトブラシできれいにしましょう

インプラント周囲はワンタフトブラシできれいにしましょう

 

ワンタフトブラシをご存じですか?

下記の写真のような歯ブラシをいいます(写真1)。

歯間ブラシ1

写真1

 

先が尖っているので、歯を1本ずつ磨くのに適しています。
インプラントの歯肉との境目の形は、天然歯とは少し異なります。

インプラントでは女性の腰のようにくびれているのです。
したがって下記の写真2でわかるように、インプラントは天然歯より、物がつまりやすい形態をしています(写真2)。

 

インプラント歯間ブラシ

写真2

 

1本1本やさしく磨いてください(写真3)。

インプラント歯磨き2

写真3

 

ワンタフトブラシは先が尖っているので、やわらかめと表示されていても、意外と硬く感じることが多いです。やわらかいワンタフトブラシを販売しているメーカーは少ないです。ドラッグストアで購入する時は気を付けてください。

岸本歯科ではやわらかいワンタフトブラシを使ってもらっています。

余談になりますが、ワンタフトブラシはアメリカでは日本のようにはポピュラーではないようです。

歯間ブラシを使ってもらうこともあります。

歯間ブラシ

写真4

 

上記のような(写真4)のように、ワイヤーでできた歯間ブラシは歯肉を傷つけることがありますので、

下記の(写真5)のようなゴム製の歯間ブラシがお勧めです。

 

ゴムの歯間ブラシ

写真5

  (2020年7月2日)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 shinjyuku Kishimoto-dc

関連記事

院長のインプラント概論

ページ上部へ戻る